沖縄県のエアコンクリーニング、エアコン工事の事なら西原電気空調サービス!

家庭用エアコン工事

配管カバー不備

2016/04/27

スリムダクト(配管カバー)工事の不備を紹介します。

隙間が出来雨が進入します。ダクトとダクトをつなぐ時は必ずスリムジョイントを使用します。

P1470854.jpg

下記の写真がスリムジョイントです。

201604122223403cd.jpg

排水パイプありダクトのカバーのみ取り付けてある。当然雨が進入します。

このような時はフリーコーナーを使用します。

P1470855.jpg

下記の写真がフリーコーナー使用時です。

20160412222343a21.jpg

ダクトの最後は末端を使用しますが使用されていませんでした。 末端を使用しかければいずれダクトのカバーが下がってきて雨が進入します。

ダクト工事の中で一番多いミスです。コスト削減でしょうか? 工事時間の短縮でしょうか?お客様が知らないからと思っているのでしょうか?

ダクト工事(配管カバー)をされた方は必ず確認しましょう!

 

20160412222359b14.jpg

工事のやり方でこんなに違いが出ます。上記の工事ですと2・3年で配管がボロボロになります。